今日中にお金が必要!即日融資なら消費者金融がおすすめ!

店舗やインターネット、街頭の自動契約機などを利用して、いつでも気軽に申し込みをして、即日融資を受けられるのが大手の消費者金融の強みです。

 

勘違いのイメージが先行?消費者金融は安心して利用できます

「取立てが厳しい」「利息が高い」などといった悪いイメージが先行していることの多い消費者金融ですが、利息制限法という法律を守った上で消費者金融は運営されていますので、滞納による遅延損害金が発生したとしても、年利が20%を超えないようになっています。

 

取立ては強引じゃないの?いいえそんなことはありません!

自宅まで取立てに来ることは、返済の滞納が続いてしまって、消費者金融との連絡を怠った場合などにやむを得ず行われることもありますが、消費者の家の中に入ることなどはできません。法的な手続きをきちんと取り、裁判所の同意を得た上で、取立てが行われます。

 

銀行の方が滞納には厳しい

返済の滞納に対する対応方法としては、銀行よりも消費者金融の方がゆるく、銀行と同じ方法を採ることがほとんどです。審査の点でも銀行よりはハードルが低いため、利用者にとっては消費者金融の方が都合が良いと言えるでしょう。急ぎでお金が必要になった場合には、消費者金融の利用をオススメします。

 

最短時間での即日借入れならココがおすすめ
アコム プロミス

▲アコムのページヘ

▲プロミスのページヘ

 

ネットの申し込みで簡単、便利

インターネットを利用すれば、消費者金融への申し込みは簡単・気軽に行えます。ホームページから申し込みフォームにアクセスし、ガイダンスに従って申請をすると、30分から1時間くらいで返答があります。審査の回答は申し込み時間によっては翌営業日になることもありますが、21時くらいまでに申し込めば当日中に返答がもらえる場合もあります。

 

注意点として、職場への在籍確認が必要ですので、職場に連絡がつく時間帯に申し込む必要があります。平日の14時以降に審査の回答が出た場合、または土日祝日に申し込みをした場合は、即日融資にはなりませんので、急ぎの場合は店頭の自動契約機を利用しましょう。

 

なぜかというと、インターネットでの申し込みの場合、ローンカードが手元に届くまで数日かかりますので、銀行に振込で現金を受け取ることになります。しかし、銀行取引の場合は、平日の15時までの反映になりますので、銀行振込が間に合わなくなってしまう可能性が高いのです。

 

店頭で申し込みをした場合は、その場でローンカードを受け取れ、即日融資を受けることもできますが、自宅の近くに店舗がない人や、営業時間を過ぎてしまった場合なども取引できなくなってしまいます。大手の消費者金融は、ほとんどが自動契約機を設置しています。自動契約機は全国各地に設置されており、土日祝日にも21時頃まで営業しているため、その場でローンカードを発行して即日融資を受けることもできます。

 

大手の消費者金融以外に自動契約機を設置している会社はほとんどありませんので、やはり急ぎの場合は審査の点を考えても大手の消費者金融を選んだほうが良いでしょう。もし、銀行カードローンなどのほかの金融機関を利用しようと思うなら、前もって申し込んでおいたほうがスムーズに借入れ出来るでしょう。

キャッシング会社の方が審査が早くて即日融資を実現しやすい

急いでいる時は即日融資が一番ですよね。即日融資をするならやっぱりキャッシング会社の審査の速さに注目です。どうしてキャッシング会社って即日融資の対応が早くできるのか調べてみました。

 

スコアリングシステムでスピード審査

キャッシング会社の審査が早いのは、審査項目となる属性を数値化しているからです。審査基準となる属性に関する情報は、必ず聴取する内容ですから数値しやすいのです。そして、申し込み内容をコンピューターで瞬時に計算して、審査時間を短縮することができるのです。

 

銀行のカードローンだと審査が厳しい

最近は、銀行のカードローンも審査が早くなったとはいっても、総量規制の対象外となり大きな借り入れが可能となる分、審査がどうしても厳しくなってしまいます。

 

営業時間が長い

キャッシング会社は、営業時間が長いので銀行振り込みによる即日融資ができなくても、専用ATMを使用してキャッシングをすることができます。自動契約機があれば、夜22時頃まで申し込みができますので、申し込み開始時刻が遅くなっても即日融資が実現しやすいのです。

 

その点、銀行は営業時間が短い

銀行だと、営業時間が15時までとなっています。カードローンの自動契約機の営業時間は、遅くても19時頃で終わってしまいます。それに、キャッシング会社のように自動契約機が沢山用意されている訳ではなく、あっても銀行のATMの横に設置されている程度です。

 

在籍確認が柔軟

キャッシング会社の本人確認は、担当者名で電話がかかってくるので、勤務先にキャッシングを申し込んでいることがバレません。それに、担当者に相談すれば、電話をかけてくる時間帯の指定などを依頼することができます。

 

また、本人が電話に出なくても「〇〇さんいらっしゃいますか?」「〇〇は席を外しております」といったやり取りだけでも在籍確認と認めてくれるところもありますので、在籍確認に時間が取られる心配がないのです。また、電話による本人確認も、本人のメールか携帯を連絡先として指定することができるので、周囲にバレずに速やかに対応することができるのも、スピード審査の秘訣となっています。

 

書類による在籍確認も

キャッシング会社では電話による在籍確認がどうしても困るという方のために、書類による在籍確認も用意しています。源泉徴収票、給与明細などを提出することで在籍確認と認めてもらえるので、電話による在籍確認よりも時間を短縮することができるのです。

 

また、キャッシング会社によっては、在籍確認不要のところも出てきたので、更に審査時間を短くスピード融資がしやすくなっています。但し、審査結果によっては在籍確認が必要な場合があります。

 

銀行は柔軟さに欠ける

銀行の電話による在籍確認の場合は、銀行名で電話がかかってきます。車や住宅ローンの電話だと言えば誤魔化せるかもしれませんが、年齢的に若すぎて無理がある場合は、怪しまれてしまいます。

 

それから、在籍確認時に生年月日を聞かれるので、電話で生年月日を言っているのを聞かれることで、カードローンの申し込みだとバレやすいのです。それに、営業時間が終了となれば、翌日に持ち越されてしまいますので、どうしても時間がかかるのです。

最新カードローンスペック一覧表

実質年率 融資限度額 審査目安
プロミス

4.5%〜17.8% 1〜500万円 最短即日
アコム

4.7%〜18.0% 500万円 最短即日
アイフル

4.5%〜18.0% 500万円 最短即日
モビット

3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
楽天銀行カードローン

4.9%〜14.5% 500万円 最短即日