融資希望額を低く設定することが重要

キャッシングの即日融資を利用して借入をするためには、即日融資に対応するキャッシング会社を利用することは勿論ですが、確実に審査に通るためには提示する融資希望額がポイントとなります。

 

融資希望額によっては、キャッシング会社が融資に慎重になって収入証明書が求められたり、審査で落とされたりして、即日融資が利用できなくなってしまうのです。

 

融資希望額が多額だと、収入証明書が求められる

キャッシングを利用する際には通常、収入証明書の提出は求められません。勤務先と年収額を申込用紙に記入するだけで申し込み手続きは完了します。しかし融資希望額が多額の場合、特に初回利用の場合には収入証明書の提出が求められます。50万円以上の借入を希望する場合や、他社から既に借り入れていて借入残高が100万円を超えるような場合には収入証明書が必要とされるのです。

 

融資希望額が多額になればなるほど、キャッシング会社は顧客がきちんと返済できるか慎重に審査することになります。収入証明書は返済能力の裏付けのために求められるのです。収入証明書が求められた場合には慎重な審査が行なわれます。また収入以外にも、家族構成や居住環境、他社からの借入状況、返済に関する遅延の有無などについても総合的な検討が行なわれることになります。申し込み当日に審査が完了しない場合も発生し、即日融資を受けられなくなることもありえるのです。

 

総量規制により借入限度額は年収の1/3以下に限定される

現在、キャッシングからの借入に関しては総量規制と呼ばれる法規制が敷かれています。総量規制は多重債務者の発生を防ぐために設けられた法規制で、キャッシングの借入限度額を年収の1/3以下に限定するものです。

 

他社からの借入が既にある場合など、借入金額が年収の1/3に達している場合には新たに融資を申し込んでも融資は受けられなくなります。この総量規制には住宅ローンや自動車ローンなど目的別ローンや銀行カードローンは対象外となっていますがキャッシング会社からのカードローンは一律規制対象となっています。年収の1/3を超えてキャッシング会社から融資を受けることはできないと覚えておく必要があります。

 

即日融資を希望するなら融資希望額は50万円以下で

即日融資を希望するなら、年収の1/3以下の金額でかつ50万円以下の融資を希望することが現実的な選択となります。また他社からの借入が既にある場合には、新たな融資希望額を合計して100万円以上にならないように注意する必要もあります。

 

特に勤務先がパートやアルバイトなどで、給与所得が低い場合には10万円以下の融資を希望した方がより確実に融資を受けられます。融資希望額が低ければ低いほど、審査は通りやすくなります。キャッシング会社の立場からすれば、貸し付ける金額が少ないほど貸し倒れになるリスクは低くなり、審査を簡単に済ませることができるからです。

 

目的は具体的に記入する

少額で申し込む場合でも、融資の目的についてはなるべく詳細に記載したほうが審査に通りやすくなります。「生活費にあてる」というような漠然とした記載だと、金銭管理に問題のある人物と判断されて審査が厳しくなる可能性があります。

 

「友人の結婚式の祝儀にあてる」というような具体的な使用用途が書いてあれば、きちんと目的が達成されたら確実に返済されることが予想されるため、審査に通りやすくなります。

 

融資希望額以上の融資枠が与えられることも

融資希望額を低く申し出ても、それ以上の金額の融資枠が与えられることもあります。たとえば10万円の融資を申し込んでいても、50万円までの融資が認められるということもあるのです。キャッシング会社は融資によって収益を上げている以上、融資をたくさんしたいと考えています。

 

そこで顧客に信用がおける場合には、多額の融資枠を提供し、多く借り入れしてもらおうとするのです。そこで多額の融資額を希望する必要はないのです。

最新カードローンスペック一覧表

実質年率 融資限度額 審査目安
プロミス


4.5%〜17.8% 1〜500万円 最短即日
アコム


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
アイフル


4.5%〜18.0% 500万円 最短即日
モビット


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
楽天銀行カードローン


4.9%〜14.5% 500万円 最短即日